SCOPE cycling R3Cご購入頂きました。

本日はスコープサイクリングのR3Cホイールをご購入頂きましたのでご紹介です。昨年から販売が開始され、徐々に認知度が上がってきているホイールメーカーです。

完成車付属のホイールからのアップグレードに伴いフルカーボン、チューブレス対応で軽量、快適性の高い物をというリクエストからR3Cに辿り着きました。

スコープはラインナップを絞りつつも、殆どのサイクリストが必要とする範囲に収まるバリエーションで価格は全て統一された180,000円というド真ん中プライス!コストダウンしすぎて作りが安っぽかったり、高性能だけどブランドネームが重くて高価だったりということが無い、リアルな予算に寄り添ったホイールメーカーですね。

お買い上げありがとうございました😊

ホワイトデカール仕様
チューブレス用のバルブとテープも付属してきます。

スコープサイクリングってどんな会社?

そもそもスコープサイクリングはオランダ生まれのエンジニアとデザイナーがタッグを組んで設立された2013年設立の新興ホイールメーカー。

開発期間3年で9つのプロトタイプを経て生まれたのが現在のラインナップ。

オフロード用のO2はフックレスリム採用と抜け目ないですよ!

会社のキャッチコピーは「NO EXCUSE.」。製品に言い訳はしない、というスタイルで各開発項目にホワイトペーパーと呼ばれる公式文書を添付しベンチマークテストの結果をホームページで確認できるという、非常に真面目な会社です。

各種ベンチマークとなる数値を試験しオープンにしています。

このように公式サイトではホイールの横剛性やエアロダイナミクスなどの数値が確認が可能です。

(スコープ社出しの数値なので有利な条件が与えられているでしょうが、他社名まで出すのは自信の現れですね!)

チューブレスレディタイヤの互換性チャートものっています!ありがたい!

組み付け後の実測タイヤ幅まで記載してあるのは驚きです。

さらに開発も特徴的でリム、ハブ、スポークという複数のパーツの組み合わせで成立している完組ホイールの各パーツをそれぞれの専門分野の協力を依頼して開発しています。

リムシェイプによるエアロダイナミクスやカーボンレイアップはオランダの名門デルフト工科大学、アイントホーフェン工科大学の協力の元、チューブレスタイヤのマッチングはタイヤ製造最大手のシュワルベ、ベアリングは軸受製造の最大手SKF、スポークはSAPIMといった具合。

カットサンプルではスポークテンションを支えるニップルベッドのみ滑らかに厚く作ってあるのがみれますね

そしてホイールの出来を決定づける心臓部のハブ設計は自社で行い、ターゲットとなる性能を追求しています。

ワイドフランジ、2:1スポーキングなど基本をおさえた作りです。

SKFは皆さんお馴染みのセラミックスピード社のベアリングの製造元であり、スコープのホイールもオプションでセラミックスピードカスタムのバージョンを選択することが出来ます。

ノーマルのシールドベアリングもスコープ特注!

デザイナーが参画している事もあり、ドレスコードもしっかり守るスコープは簡易的なカラーカスタムステッカーと工場出荷時にグラデーションデカールを施工してくれくカスタムデカールの2タイプのカスタマイズが可能。

ご自身のバイクデザインを崩さない配慮も素敵です。

最後に…

世はリムブレーキホイールからディスクブレーキホイールに移行している真っ最中。

ホイールメーカーはリムブレーキホイールのバランス概念を捨て去り、ゼロからの開発になっているのでブランドだけに縛られず、こういった新興メーカーがホイール業界の勢力図を塗り替えるかもしれませんね!

CYKICKSでは完組ホイールの振れ取り調整やセンター出しはもちろん、スポークテンションの確認と調整も行い、ご希望であればタイヤの取り付け、ブレーキシューやディスクローターの交換、スプロケットの移動など交換に伴う作業を承っております。

今回は新製品のパワーロードTLRをチョイス頂きました!

ご購入の相談などはこちらからお問い合わせ下さいませ。

本日はここまで、ありがとうございました。

スポーツバイクメカニック 横山ヨーイチ