STRiDA LT納車しました

ちょっと珍しいけど趣味自転車界隈では有名な3角形のキュートなミニベロ「STRiDA LT」を納車させていただきましたのでご紹介です。

ストライダは1987年誕生の比較的新しい折りたたみ自転車。産まれはモールトンやブロンプトンといったメジャーなミニ達と同じイギリスなのでどことなく考え方の雰囲気が似ています。しかし製造はしっかり台湾製なので細かなつくりは普通のスポーツバイクと遜色ない安心感!

溶接も綺麗でヘッドバッジもちゃんとメタル!

ベーシックモデルのLTは変速もなくシングルのベルトドライブ、ディスクブレーキ仕様でクリーンな駆動まわり。無音でスムーズに走る感じはまさにシンプル×アーバンの究極系。ポジションの自由度は少なくサドルの高さ調整程度しかできませんが、ご近所移動や車や電車の移動先でのチョイ乗りに重宝する一台です。

バスや電車で1〜2駅って歩くかどうするか悩みますよね〜

作り込まれたベルトとディスクの一体化ハブ
ワンタッチで折れるオプションの純正ペダルはオススメ!

もちろん折りたたみ機能もシンプルで慣れればものの20秒ほどで畳めます。今年から従来はオプションだったキャリーバック(定価5,600円!)も付属するようになったのは嬉しいですね!

ということでチャチャっと折りたたんでみましょう〜

ハンドル固定レバーを開けて…
パタン
ダウンチューブの固定ポイントを解除して畳むと…
完成〜!前後のホイールはマグネットでくっついています
ちょっとした楽器みたいですね!

ミニベロらしく純正オプションが豊富に出ているので、使用用途に合わせて色々カスタムする楽しみもあるストライダ。見た目のインパクトと便利な機動性はセカンドバイクや日常の彩りとして人と違ったサイクルライフにうってつけの一台です!

そのほか変速付きや限定カラーモデルなども出ていますので気になる方はコチラへどうぞ〜

STRiDA 公式HP

本日はここまで、ありがとうございました。

スポーツバイクメカニック 横山ヨーイチ